恐竜博物館へ福井駅から電車でアクセス!所要時間や運賃まで解説!

スポンサーリンク
おでかけ情報
この記事は約3分で読めます。

福井県勝山市にある県立恐竜博物館へ、電車やバスを使った行き方を紹介します。

ゆっくり旅をしたいときや、遠方から飛行機や電車で行く人必見です!

車を持たない、そんな旅行者のために、やさしい交通網が整備されていました。

スポンサーリンク

福井駅から恐竜博物館までの行き方!

福井県立恐竜博物館に行くには、まずJR福井駅まで行く必要があります。


東京から 東海道新幹線「新大阪」行き→米原→JR北陸本線「金沢」行き→福井着

大阪から JR東海道本線「金沢」行き→福井着

飛行機の場合 小松空港に到着→空港連絡バスで福井駅着


福井駅に着いたら、えちぜん鉄道に乗り換えます。

えちぜん鉄道で勝山まで行き、そこからバスかタクシーに乗り換えて恐竜博物館のある、かつやま恐竜の森に到着です。

コミュニティバスのほかに恐竜博物館直行バスも出ているので、どの電車に乗ってもバスが出ており、とても行きやすいです。

ただし直行バスは、博物館が休館日には運行しないので注意しましょう。

福井駅から恐竜博物館までの所要時間と料金

JR福井駅から恐竜博物館までの所要時間は、約1時間30分を予定していれば大丈夫です。

内訳は福井駅→勝山駅で1時間勝山駅から恐竜博物館まで約15分、時間帯により変わりますが、乗り換え時間が約10分前後で見積もればOKです。

観光名所なので、電車も1時間に1本あり、バスも電車の時間に連動して動いているので、そんなに不便はありません。

気になるのは料金ですよね。

片道運賃はそれぞれ以下の通りです。

●えちぜん鉄道(福井駅~勝山駅) 

おとな(中学生以上)770円

小学生 390円

※未就学児は親1人につき2人まで同伴無料、2歳以下は無料。

●コミュニティバス(勝山駅~博物館) 

おとな 300円 

こども 200円

※未就学児は無料です。

おとなが往復ひとり2,140円、小学生の子どもが往復1,180円かかるので、小学生の子ども2人の家族4人で6,640円かかります。

うちの場合は子ども4人のうち、小学生1人、未就学児2人、乳児1人になるので、未就学児以下は交通費は無料で実質3人分の5,460円ということになります。

子どもが小学生以下の小さい家庭なら、大人だけの料金で済みそうですね。

お得なフリー券で乗り降り自由に!

えちぜん鉄道を使って恐竜博物館に行く旅行者のためのフリー切符をご紹介します。

その名も恐竜博物館セット券です!

えちぜん鉄道1日フリー切符+往復バス+博物館入館料がセットになっています。

博物館入館料が720円なので、通常おとな1人2,870円かかるところが2,120円になります。

740円安くなるので、博物館がタダで付くのに電車が乗り放題になるのでとってもお得ですね!

種 類料 金
おとな2,140
大・高校生1,810
中学生1,710
小学生960

こちらの料金は2019年7月11日までです。

7月12日から特別展「恐竜の脳力」が開催されるため、セット券も常設展の入館料に加えて、特別展の入場料も含まれます。

7月12日~10月14日までの期間はこちらの料金に変わります。

種 類料 金
おとな2,600
大・高校生2,200
中学生2,000
小学生1,200
シニア(70歳以上)2,000

特別展が終了する10月15日から、また常設展のみの料金に戻ります。

なお休館日はフリー券の発行はしていないので、注意してくださいね!

えちぜん鉄道企画切符から引用

福井で宿泊先を探しているなら恐竜ルームがおすすめです。

コメント