映画「キャッツ」主役級の存在感!白猫役フランチェスカ・ヘイワードとは?

スポンサーリンク
芸能エンタメ
この記事は約4分で読めます。

映画「キャッツ」の日本公開日が決まりましたね。

話題となっているのはテイラー・スイフトやジェニファー・ハドソンら豪華歌手陣ですが、バレエ界からのニューホープ「フランチェスカ・ヘイワード」も見逃せません!

映画の中では白猫の役柄で、劇中軽快に踊るダンスが得意な猫です。バレエ仕込みのダンスをスクリーンの中でも華麗に披露してくれるようです。

予告編ではフランチェスカがクロースアップして作られているので、「あれは誰?」となっている人も多いでしょう。

今回はフランチェスカ・ヘイワードについて詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

映画キャッツ予告映像でクローズアップ!

CATS - Official Trailer [HD]

キャッツ映画版の予告編で、主役級にクローズアップされている「白猫」を演じるのがフランチェスカ・ヘイワードです。彼女は英国ロイヤル・バレエでプリンシパルとして様々な舞台で活躍している人気バレリーナです。

予告編の映像だけでも彼女の動きに見入ってしまいますね。

彼女の映画デビューはバレエ界でも大騒ぎになったほどというので、とても人気のある人です。

フランチェスカ・ヘイワードの経歴

フランチェスカはイギリス人の父とケニア人の母を持ち、2歳までケニアで過ごしました。その後父親の故郷イギリスに渡り、そこでバレエに出会いました。

2003年に11歳でホワイトロッジ、ロイヤル・バレエ学校に入学し、2008年ロイヤル・バレエ・スクールアッパーに進学。スクールでの活躍を認められ、2010年に英国ロイヤル・バレエに参加しました。

その後順調に経験を積み、2013年にファーストアーティスト、2014年にソリスト、2015年にファーストソリスト、そして2016年にプリンシパルに昇進と驚く速さでプリンシパルまで上り詰めました。

  • 名前 Francesca Hayward(フランチェスカ ヘイワード)
  • 愛称 frankie(フランキー)
  • 出身 ケニア・ナイロビ
  • 誕生日 1992年7月5日
  • 身長 157cm
  • 所属 英国ロイヤル・バレエ
  • 階級 プリンシパル
スポンサーリンク

主な出演作品

2012年12月 くるみ割り人形 クララ役
2013年6月 国の月 ヴェラ役
2014年10月 マノン マノン役
2014年12月 不思議の国のアリス アリス役
2015年10月 ロミオとジュリエット ジュリエット役
2016年1月 ラプソディー 主任女性校長役
2016年4月 冬の物語 ペルディータ役
2016年5月 招待状 少女役
2016年5月 フランケンシュタイン ジャスティン役
2016年10月 ラフィルマルガルデ ライズ役
2016年12月 くるみ割り人形 シュガープラムフェアリー役
2017年2月 眠れる森の美女 オーロラ役
2017年5月 メイヤリング ステファニー王女役
2017年5月 タランテラ 少女役
2017年6月 夢 チタニア役
2018年2月 ジゼル ジゼル役

特にくるみ割り人形での評価が高いことが、Twitterを見ていてもうかがえました。日本人ファンも多くいるようです。

フランチェスカは何がすごいのか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ondine 🐟 photo by Emma Kauldhar #margotfonteyn #celebration

Francesca Haywardさん(@frankiegoestohayward)がシェアした投稿 -

バレエに疎い私は恥ずかしながらフランチェスカの経歴を見ただけでは、何がすごいのか分かりませんでした。

バレエファンならずも魅了される踊りと、日本人ダンサー高田茜さんと同じ時期にプリンシパルになったということで、日本人にも馴染みがあり、日本公演にも来ているようです。

フランチェスカ・ヘイワードはまだ20代なので、これからさらに活躍の場を広げていくのでしょうね。映画の公開がとても楽しみです。

キャッツの日本公開日は2020年1月24日(金)なのでまだ先ですが、待ち遠しいですね!

 

コメント