ポイント還元の対象店舗がわかる!公式アプリのインストール&使い方解説

スポンサーリンク
キャッシュレス還元制度加盟店アプリ使い方 ニュース
この記事は約4分で読めます。

ポイント還元制度が10月1日から始まりました。

ポイント還元されるには、対象店舗で対象のキャッシュレス決済を利用しなくてはいけません。

経済産業省から9月中に、ポイント還元制度に加盟している対象店舗を探すことができるアプリがリリースされています。

このアプリの使い方をマスターして、効率よくお買い物していきましょう。

この記事ではポイント還元対象店舗検索アプリのダウンロード方法から、使い方まで説明しています。

スポンサーリンク

ポイント還元制度とは?

画像引用:経済産業省ポイント還元制度公式

ポイント還元制度とは、対象店舗でクレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済をしたときにポイントが返ってくる制度です。

対象店舗によって還元率が2%、5%と分かれています。

現金以外のほとんどの決済方法が対象になっていますが、お店によって導入している決済方法が違うので事前に確認が必要になります。

実施期間 

 2019年10月1日~2020年6月

対象支払い 

 クレジットカード・デビットカード・QR決済・電子マネー・バーコード決済

ポイント還元のタイミングは、利用する会社の規定にゆだねられていて、各社バラバラなのが現状です。

自分が使いやすいキャッシュレス決済を決めたら、その会社の規定をよく確認しましょう。

PayPayなどのQRコード決済は即時ポイントバック、クレジットカード会社は請求月にポイントバックなどと大きな違いがあります。

対象店舗を探すには公式サイトのアプリが便利!

各店舗によって決済方法がバラバラだと、利用するときに困ってしまいますよね。

ポイント還元制度に加盟している対象店舗を、簡単に検索できるアプリを利用すると近隣のどのお店で導入されているのかがわかります。

公式サイトから地図で検索できるようになっていますが、スマホでは使いづらいのでアプリが見やすいですよ。

アプリは無料でiPhone、android対応しています。

ポイント還元対象店舗検索アプリの使い方

ポイント還元事業者検索アプリは、面倒な登録などは一切なしで使い始められます。

私はandroidなので、グーグルプレイからのダウンロード方法をご紹介します。

まずは検索窓で「ポイント還元対象店舗」と打ち込みましょう。

インストールして「利用規約に同意する」をタップ。

位置情報がないと検索アプリの機能が使えないので、許可してください。

地図が出てくるので、「このエリアで検索する」をタップすると、現在地から確認できるようになります。

地図は2本指でピンチアウトすることで、拡大縮小可能。細かい場所に隣接していると、見づらいので拡大してみましょう。

地図の中の吹き出しをタップすると、お店情報を見ることができ、還元率もチェックできます。

利用可能なキャッシュレス決済方法は、タブを上にスワイプすることで、隠れている情報が見られますよ。

還元率、店舗名、店舗住所、使用できる決済方法が細かくアプリで確認できます。

画像の店舗なら、クレジットカードはVISAとMasterしか使えませんし、電子マネーはPASMO、manaka、IKOCA、nimoca、suicaなどが使えるという事。

加盟店で買い物しても、還元対象のカードや電子マネーを持っていないと還元されないのでチェック!

ポイント還元を受けるには上限金額にも注意!

使った方がお得なポイント還元制度ですが、お店によって使えるキャッシュレス決済方法が異なることを説明しました。

さらにキャッシュレス決済にもそれぞれ上限金額が設定されているものもあるので、よく使う決済方法だけでも確認しましょう。

大手のクレジットカード会社では、カード1枚に対して15,000円を上限にしているところが多いです。

さらに電子マネーやQR決済では1回の利用金額の上限や、1か月の上限金額が設けられている場合があります。

自分が使っている、もしくはこれから使う予定の決済方法は必ず上限金額があるのか確認しないと、使いすぎると還元されなくなってしまいます。

ポイント還元制度加盟店舗検索アプリで、使える決済方法が何か?毎回確認するとお得な制度を有効活用できますね。

ニュース
スポンサーリンク
まりなブログ

コメント