【イオンカードミニオンズ】イオンシネマで映画が1000円?特典紹介!

くらしのあれこれ
この記事は約10分で読めます。

イオンカードにミニオンズデザインのクレジットカードがあるのを知っていますか?

入会金・年会費無料でインターネットから申し込める、知る人ぞ知るカードです。

このカードの特典を使うと、イオンシネマでの映画が毎回1000円で見られるようになるんです!

それではミニオンズデザインのイオンカードについて詳しく解説していきます。

\最初の一枚ならイオンカードセレクト/

ミニオンズカードとは?

ミニオンズカードとはイオンが発行しているイオンカードの一つです。

  • イオンカード(ミニオンズ)
  • イオンカードセレクト(ミニオンズ)

この2種類のカードのことをミニオンズカードと言います。どちらもネット申込限定で店頭では申し込めないカードです。

ミニオンズカードはイオンカードの特典が付いて、さらにミニオンズカードだけの豪華特典があります。

イオンカード特典はすべてのイオンカードが対象になるのに対して、ミニオンズカード特典は他のイオンカードでは受けられません!

それではミニオンズカードの特典を詳しく紹介していきます!

イオンカードミニオンズのメリット

イオンカードミニオンズのメリットは、年会費無料で様々な特典がついてくることです。

イオンカードの特典
★イオングループ対象店舗でときめきポイントがいつでも2倍
★毎月20・30日のお客様感謝デーでお買い物が5%オフ
★毎月10日はときめきポイントが2倍
ミニオンズカードの特典
★ユニバーサルスタジオジャパン内でカード利用するとときめきポイント10倍!
★ミニオンズオリジナル商品をときめきポイントで交換できる!
★イオンシネマの料金がいつでも1000円!

メリット1:年会費無料

イオンカード(ミニオンズ)とイオンカードセレクト(ミニオンズ)は年会費無料で発行できるカードです。
無料でカードの特典が使えるので、1枚持っていると便利ですね。

メリット2:イオングループでポイント2倍

イオンカードのメリットとして、イオングループでカード利用するといつでもときめきポイントが2倍になります。
イオンでよく買い物をよくする人なら、ポイントが貯まりやすくなるのですぐに商品交換できますよ。

メリット3:毎月20・30日はお客様感謝デーで5%オフ

イオンお客様感謝デーといえば、CMでもおなじみの毎月20日・30日のお買い物がカードを提示するだけで5%オフになります。
お客様感謝デーはクレジット払いでなくてもWAONや現金払いも割引対象になるので、カード払いはしたくない人にもおすすめです。

メリット4:毎月10日はときめきポイント2倍

毎月10日はイオングループの対象店舗でカード利用すると、ときめきポイントが通常の2倍になります。

効率よくポイントを貯めるのにうってつけです。

メリット5:ミニオンズカード限定の特別優待がある!

ミニオンズカードには、全国各地の提携施設で使える特別優待も利用できます。

これは通常のイオンカードにはない、ミニオンズカードの優待です。

使えるお店もたくさんあり、HISなど旅行会社も提携しているので、旅行に行く前にチェックするとお得にレジャーが楽しめますよ。

詳しくはイオン暮らしのマネーサイトをチェックしましょう。

優待はたくさんあるので、使えそうな優待をピックアップして紹介します。

  • カラオケシダックス 室料30%割引
  • ビックエコー 室料30%割引
  • タイムズカーレンタル レンタカー利用料金最大35%OFF
  • ドミノ・ピザ  デリバリー限定 MLサイズピザ30%OFF
  • 富士急ハイランド フリーパス料金200円引き

これらの優待は、チケット窓口で提示するだけで割引を受けられるので、事前チェックは必須です。

他にも北海道から沖縄までたくさんの優待情報があるので、お出かけ前に見るようにすると、お得にお出かけができちゃいます。

特典1:ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでポイント10倍!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンによく行く人に嬉しい特典はこちら!

パーク内でミニオンズカードを使うと、いつもの10倍ときめきポイントが貯まります。

通常は200円で1ポイント貯まるところが、200円で10ポイントも貯まるんです!

ただしイオンiD、Apple Payでの利用は対象外となるので、必ずクレジット払いにしましょう。

私の家では家族の誕生日月にユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行くことが恒例になっているので、2万円の買い物ですぐに商品交換きるくらいのポイントが貯まるので嬉しいです。

特典2:ミニオンズオリジナルグッズと交換可能!

ときめきポイントはイオン暮らしのマネーサイトから好きな商品と交換できます。

ミニオンカード利用者限定で、ミニオンズのオリジナルグッズが用意されています!

1000ポイント以上から交換可能で、500ポイント単位で受け付けてくれますよ。

他では買えないミニオンズグッズが手に入ります!

ミニオンズファンには嬉しい特典ですね。

特典3:イオンシネマの映画料金がいつでも1,000円!

この特典が一番豪華!

イオンシネマの映画料金がいつでも1000円になるんです!

しかも一緒に行く家族や友人の分まで1000円で買えるので、めちゃくちゃお得になります。

こちらはクーポンを取得して購入するのですが、利用制限がとってもゆるいのも魅力。

年間50回までクーポン発行できるので、充分すぎる特典ですね。

私はこの特典を受けるためだけに、通常のイオンカードからミニオンズカードに変えることにしました。

今までは映画を見に行きたいと言う子どもに「また今度!」とあしらっていましたが、1000円になるなら気軽に映画を見に行けます。

通常おとな1人1700円が毎回1000円になるので、夫婦が1回映画を見に行くだけで1400円もお得に!

これは見逃せません!



イオンシネマで映画を1000円で見る方法

イオンシネマで映画を1000円で見る方法は、

  1. 対象カードが登録されているイオンスクエアIDでイオン暮らしのマネーサイトにログイン
  2. ログイン後のトップページに表示されているバナーをクリック(↓こんなバナーです)そして専用ページで購入する

※こちらのバナーは見本です。

手順は以上です。

カードが届いたら必ずイオンスクエアにログインしてイオンスクエアメンバーIDを取得しましょう。そしてカード情報を登録することを忘れずに!

イオンスクエアメンバーIDを取得すれば、暮らしのマネーサイトにログインするだけで、自動的にバナーが表示されます。

優待は映画館窓口では受け付けていないので、必ずネットから購入しましょう。

ミニオンズカードのデメリットは?

これまでメリットばかり紹介してきましたが、ミニオンズカードに変えることでおきるデメリットについても調べました。

特にこれまで普通のイオンカード(WAON一体型)を使っていて、ミニオンズカードに変えてもWAONを使いたい!という人は、カードの種類を間違えるととても面倒なことになります。

デメリット1:Masterブランドしか選択できない

ミニオンズカードはMasterブランドしか選択できません。

他に選択肢がないので、Masterがどうしてもいやな人は申し込まない方がいいでしょう。

しかしそこまでこだわっていないのなら、そんなに気にする必要はありません。

VISAやJCB同様に世界中で使われているブランドなので信頼できますよ。

デメリット2:ゴールドカードにならない

普通のイオンカードには、年間の利用額によってゴールドカードにランクアップする「ゴールドカードインビテーション」という特典がついています。

しかしミニオンズカードにはゴールドカードの設定がないので、年間どれだけ利用してもゴールドカードにランクアップしません。

ゴールドカードの特典

  1. 旅行保険(損害保険)やショッピング保険が付帯する
  2. 全国のイオンラウンジや空港ラウンジが利用可能

イオンゴールドカードの特典は主にこの2つです。

ただし、海外旅行にあまり行かない人や、飛行機を使わない人、イオンラウンジを利用するメリットを感じない人は関係ないかもしれません。

国内旅行で車移動がメインだけど、映画は年間2~3回は見に行く家族なら、映画1,000円のメリットの方が大きいのではないでしょうか。

ゴールドカードがなくても、映画1,000円のメリットの方が大きいので、私は申し込みました!

デメリット3:WAON一体型にするならイオン銀行の開設必須

イオンカード(ミニオンズ)はWAONポイントカード機能は付いているが、電子マネーWAONは利用できません。

電子マネーを利用するには別にWAONカードプラスを発行することになります。

私は今までイオンカード一体型でWAONを使っていたので、イオンカード(ミニオンズ)でWAON一体型にできないという事を知ってとても悩みました。

しかし、よくよく調べてみると、イオンカードセレクト(ミニオンズ)を申し込むことで解決することを発見!

しかしミニオンズカードでWAON一体型にするには、イオンカードセレクト(ミニオンズ)を申し込んで、同時にイオン銀行を開設しなくてはいけません。

私の場合は、何枚もカードを持ちたくなかったので、WAON一体型にすることを優先してイオン銀行も同時開設することにしました。

ただし、WAONカードで決済していない人はどちらでも構いません。

おさいふケータイ対応スマホを持っているなら、スマホからWAON決済ができるのでカードの枚数を気にする必要はありません。
イオンカード(ミニオンズ)とWAONスマホ決済を両方利用することができます。

私は格安スマホを利用していて、おサイフケータイ機能がないのでWAON一体型にこだわりましたが、おさいふケータイで支払うならカードはいらないので、どちらでもいいと思います。

これは使い道の優先順位で決めたらいいでしょう。

イオンカード(ミニオンズ)とイオンカードセレクト(ミニオンズ)の違い

ミニオンズカードは「イオンカード(ミニオンズ)」と「イオンカードセレクト(ミニオンズ)」の2種類あります。

イオンカード(ミニオンズ)と、イオンカードセレクト(ミニオンズ)の違いはなに?と疑問になっている人のために簡単に比較していきます。

イオンカード(ミニオンズ)イオンカードセレクト(ミニオンズ)
年会費無料無料
国際ブランドMasterMaster
付帯保険カード盗難保障無料カード盗難保障無料
追加カード・サービスETCカード
家族カード
イオンiD
Apple Pay
WAONカードプラス
ETCカード
家族カード
イオンiD
Apple Pay
主な機能クレジットカード
WAON POINTカード
クレジットカード
WAON POINTカード
イオン銀行キャッシュカード
振替可能口座任意の口座イオン銀行
WAONWAONカードプラス発行で可能付帯可能

イオンカード(ミニオンズ)はクレジットカード機能がメインのカードなので、引き落とし口座も任意の口座から指定できます。WAONは付帯できないので、別にWAONカードプラスというカードを発行しなくてはいけません。

イオンセレクトカード(ミニオンズ)はイオン銀行のキャッシュカード機能が付いたクレジットカードなので、引き落とし口座はイオン銀行しか選べません。

またイオンカードセレクト(ミニオンズ)にすると、WAON一体型となりオートチャージ設定でWAONポイントがたまるので、チャージする時も使うときにもポイントがつくのでポイントのWどりができます。

クレジット払いだけでなく、電子マネーや現金もお得に使い分けたい人にイオンセレクトカード(ミニオンズ)がおすすめです。

ミニオンズカードまとめ

イオンカード(ミニオンズ)とイオンセレクトカード(ミニオンズ)は映画ファンやユニバーサル・スタジオ・ジャパンによく行く人なら、お得になれるカードです。

最後に注意点があります。

イオン銀行をすでに使っていてイオンセレクトカードを発行している人は、イオンセレクトカード(ミニオンズ)を申し込むことができません

これはイオンセレクトカードがキャッシュカード機能を搭載しているため、同時に2枚持つことができません。

イオンセレクトカードからイオンセレクトカード(ミニオンズ)への切り替えはできないので、イオンカード(ミニオンズ)を申し込みましょう。

イオンカードを持っている人は、イオンカード(ミニオンズ)への切り替えはできませんが、2枚持ちできるので新規で申し込みできます。

私はイオンカードを所有していますが、イオンセレクトカード(ミニオンズ)に新規申し込みしました。

これから映画が毎回1000円で見られるのはとても楽しみです。

今なら2019年9月30日までに申し込むと最大20%のキャッシュバックが受けられます!

\イオンカードもイオンセレクトカードもここから申し込み/

コメント