レゴランド年間パスポートはお得?種類・特典や買い方まで紹介!

スポンサーリンク
おでかけ情報
この記事は約8分で読めます。

先日初めてレゴランドジャパン名古屋に遊びに行ってきました。

そしていきなり年間パスポートを購入してきました。

レゴランドは開園当時から高いといわれていましたが、今はかなりお得になったような印象です。

開園当初は1種類しかなかった年間パスポートが、今では3種類まで増え、特典も追加されました。

今回我が家ではカテエネ特典もあったので、行ってみることにしました!

行ってみた結論、めちゃくちゃ楽しかった!

もっと早く行けばよかったなと思ったし、現地で年間パスポートにもアップグレードしてきたので、その方法や自分に合った年パスを買うための情報になればいいなと思って書きます。

スポンサーリンク

レゴランド年間パスポートは何回で元がとれる?

レゴランドの年間パスポートを買うなら、1年間に何回行くと元が取れるかが気になるところですよね。

ワンデーパスポートの価格はピーク・オフピークという2つの時期に分けて価格設定されています。

ピークは主に土日や長期休み、オフピークは平日です。

ピーク時の一番高い時の値段が大人6900円、子どもが4500円です。

年間パスポート・スタンダードの値段が大人16400円、子ども10700円なので、3回入場できれば年間パスポートにした方がお得ですね。

年間パスポートの料金

 こども大人
スターター6,500円9,900円
スタンダード10,700円16,400円
プレミアム16,900円21,900円

 

2019年9月現在、年間パスポート・スターターが割引になっています。

キャンペーン期間は2019年11月4日まで大人6,200円、こども4,000円で販売中。

年間パスポートの中身を比較

購入日から1年間入場自由になる年間パスポートは、3種類もあります。

年間パスポートの値段は、スターター、スタンダード、プレミアムの順に高くなっています。

しかし値段が上がるごとに特典も多く付いてきますので、中身を比べてから使いやすいものを購入しましょう!

年間パスポート・スターター

いちばんお得に年間パスポートを購入できるのが、年間パスポート・スターターです。

年間の入場可能日は約160日。そのほとんどが平日や土曜日中心なので、休みが取りやすい人、平日に行きたい人、土曜日に入場できる人が使えます。

特典は年間パスポート限定のキャンペーンに招待されること。

また2020年3月末までは、お誕生日月にショップで買い物をすると20%オフになる優待がついてお得。

さらに2019年11月4日まで割引キャンペーンを実施しているので、今なら1Dayパスポートの料金で年間パスポート・スターターが購入できます。

【2019年11月4日まで】年間パスポート・スターター料金がお得

  • 大人 6,200
  • こども 4,000
年間パスポート・スターターの特典
  1. 年パスカレンダー緑色の日に入場可能(年間約160日)
  2. 期間内の入場自由
  3. 誕生日月のショップでの買い物20%オフ(2020年3月まで)
  4. 年間パスポート限定おトクなキャンペーン
  5. 家族・友達の入場料無料キャンペーンへのご招待

年間パスポート・スタンダード

レゴランドがおすすめしているのが年間パスポート・スタンダードです。

なぜおすすめなのか?というと、スタンダードからぐっと特典が増えるからです!

まずレゴランドと隣接している水族館「シーライフ名古屋」が入場自由に。

そして通常500円かかる季節イベントに、1回無料で参加可能。

さらにレゴランド・ラボへの参加資格がもらえます!

レゴランド・ラボは、タブレット中心の通常のワークショップでは物足りない人や、自分の手を動かしてプログラミングしてい人におすすめです。

レゴランド®・ラボとは?

レゴランド®・ラボオリジナルレシピをベースに自分だけのオリジナル作品を作るプログラミングワークショップです。

観覧車やトリなどのベースモデルから自分だけのオリジナルモデルにアレンジします。

初回体験は無料。チケット購入制で、3回から受講可能です。

  • 3回 10,000円
  • 5回 15,000円

他にもレストランでの割引や、レゴランドホテルの割引が付いてくるのがスタンダード以上なので、ホテルもシーライフも買い物も楽しみたい人に向いています。

年間パスポート・スタンダードの特典
  • 年パスカレンダー緑と黄色の日に入場可能(除外日22日あり)
  • レゴランドとシーライフ両方で入場自由
  • 誕生日月のショップでの買い物20%オフ
  • 年間パスポート限定おトクなキャンペーン
  • 家族・友達の入場料無料キャンペーンへのご招待
  • レゴランド®・ラボへの参加資格
  • ポップコーン・リフィルが200円
  • パーク内対象レストランで食事代が割引
  • レゴランド®・ジャパン・ホテルのレストランで食事代が割引
  • レゴランド®・ジャパン・ホテルでの宿泊代10%オフ(除外日あり)

プレミアム

年間パスポート・プレミアムは、レゴランド・ジャパン名古屋だけでなく東京・大阪にあるレゴランド・ディスカバリー・センターや、マダム・タッソー東京に何度でも入場できます。

スタンダードの特典に加えて、3,000円相当のスキップパス引換券も付きます

旅行によく行く人や、レゴランドだけでなく他の施設も遊び倒したい!という人に向いています。

年間パスポート・プレミアムの特典
  • 年パスカレンダー緑と黄色の日に入場可能(除外日22日あり)
  • レゴランドとシーライフ両方で入場自由
  • レゴランド・ディスカバリー・センター(東京・大阪)&マダム・タッソーが入場自由
  • 誕生日月のショップでの買い物20%オフ
  • 年間パスポート限定おトクなキャンペーン
  • 家族・友達の入場料無料キャンペーンへのご招待
  • レゴランド®・ラボへの参加資格
  • ポップコーン・リフィルが200円
  • パーク内対象レストランで食事代が割引
  • レゴランド®・ジャパン・ホテルのレストランで食事代が割引
  • レゴランド®・ジャパン・ホテルでの宿泊代10%オフ(除外日あり)
  • スキップパス引換券(3,000円相当)

レゴランド年間パスポートのお得な買い方は?

年間パスポートを購入する方法は2種類あります。

最初から年間パスポートを購入するか、アップグレードするか。

どちらでもいいですが、少しでもお得に購入したいですよね。

そこで買い方の違いによって料金が変わるのか、比較してみました。

ひとつめはネットや窓口で最初から年間パスポートを購入方法。

初めから年間パスポートの購入を決めている人は、レゴランドジャパン公式ホームページから申し込みをするので、冒頭の表示価格そのままです。

年間パスポートの割引は(キャンペーンを除いて)ありません。

次にワンデイパスからアップグレードをする場合、ワンデイパスと年間パスポートの差額を当日払うことでアップグレードできます。

年間パスポートへのアップグレードするには、ワンデイパスポートとの差額を払うことで購入できますが、購入価格の差額を払うわけではありません。

オフピーク・ピークチケットの2パターンの料金で、それぞれのアップグレード料金が用意されています。

ワンデイパスポートからアップグレードするときは、ワンデイパスポートを正規料金で買ったとみなされるので、なるべく安くワンデイパスポートを購入できれば、その分年間パスポートが安くなります。

ホームタウン1DAYパスポートでお得!

2019年9月13日から東海地区に住んでいる人限定で「ホームタウン1DAYパスポート」が発売されました。

愛知県・岐阜県・三重県・静岡県に住んでいる人は、こちらのホームタウンパスポートが安いですよ。

対象入場期間 2019年9月14日(土)~11月4日(日)

チケット価格 おとな 4,500円

       こども 3,300円

アップグレード価格

  • スターター 大人 1,900円/子供 900円
  • スタンダード 大人 9,000円/子供 5,700円
  • プレミアム 大人 14,500円/子供 11,900円

ホームタウン1DAYパスポートからスタンダードにアップグレードすると、13,500円で購入できるので約3,000円お得に購入できますね。

年間パスポートをアップグレードして分かったこと

画像引用:レゴランドジャパン

私はカテエネ特典を使って1DAYパスポートを割引価格で購入することができました。

カテエネキャンペーンは9月末で終了しました。

カテエネは2年連続で、夏前に特典を出しているので、来年度もまた同じようなキャンペーンを出してくれると見ていますが、まだわかりません。

わが家はレゴランド初心者ということで、まずはスターターにアップグレードしました。

1年間使ってみて、子どもたちがもっと遊ぶようならスタンダードにグレードアップしようと思っています。

その理由は、特典内容に書いていない特典がたくさんあるから。

実際に入場してみると、いたるところに「このキャンペーンは年間パスポート・スタンダード以上の方は無料で体験できます」の案内オンパレード。

スターターでも入場できる日数が増えて使いやすくなったようですが、レゴランド内で遊び倒すならスタンダード以上が追加料金なしでいろいろなイベントに参加できます。

これに気づいて、選択ミスをしたかなと少し後悔しましたが、うちの子どもたちがもっと大きくなった時に、今年はたくさんレゴランドに入場して魅力をもっと発見していこうと思います。

コメント